cocone 言語教育研究所 CIFLE

Cocone Institute for Language Education

NEWS

2017年06月01日
CIFLE Report No.24 日常の英語化:天気について語る
CIFLE Report No.23 日常の英語化:顔を洗う~ジョギングする
CIFLE Report No.22 日常の英語化:目覚める場面と鏡をのぞく場面
2017年04月27日
CIFLE Report No.21 語彙力を育てる
2017年04月10日
教育者のためのオンライン英語塾、PEN 英語教師塾をオープン
CIFLE Report No.20 慣用表現力を育てる
CIFLE Report No.19 英文法力を考える
CIFLE Report No.18 英語力をどう定義するか:タスク・ハンドリング力
2017年01月20日
CIFLE Report No.17 ドナルド・トランフトランプ大統領の就任演説 Donald Trump Inaugural Address 2017 1/20
2017年01月10日
CIFLE Report No.16 Obama Inaugural Address 2009 1/20 vs. Obama Farewell Address 2017 1/10
2016年10月20日
CIFLE Report No.15 クリントン vs. トランプ 第二回公開討論会の分析速報
2016年9月28日
CIFLE Report No.14 Barak Obama First Inaugural Speechを使って チャンギング発想力を育てる
CIFLE Report No.13 世界一の速報:Hilary Clinton vs. Donald Trump First Debate にみる 両候補の発話の言語分析
CIFLE Report No.12 COCONE Institute for Language Education
2016年9月26日
CIFLE Report No.11 Task Handling Competences in English
CIFLE Report No.10 コミュニカティブな英語教育実践における発問力
CIFLE Report No.9 Grammatical Competence in English
CIFLE Report No.8 Lexical Competence in English
CIFLE Report No.7 English, Multiculturalism, Communicative Competence
CIFLE Report No.6 グローバル時代の英語と my English
2016年6月2日
CIFLE Report No.5 動詞補部におけるING形/不定詞の選択原理に関する考察
CIFLE Report No.4 洋楽の歌詞を題材とした英語学習の可能性
2016年5月24日
CIFLE Report No.3 多文化共生時代の英語教育:多文化状況を生きるのに求められるもの
2016年5月17日
CIFLE Report No.2 オンライン英語学習の可能性
CIFLE Report No.1 英語教育と認知言語学
ココネ言語教育研究所(CIFLE)設立のお知らせ

VISION

CIFLEは、主に言語教育・言語学習の課題に取り組み、
研究と実践の両面において課題解決に寄与することを目的とする。

CIFLEでは、公共財としての言語教育・言語学習に真摯に取り組む志を
Integrity for Public Interestと表現し、それをスローガンとして掲げる。

FEATURES

CIFLEの研究機関としての最大の特徴は、認知学習理論と教育メディア論の
2つの観点から言語教育を捉えるところにある。

その前提になるのは、言語学習は認知的営みであるということ、
それに、言語学習はメディア媒介的な営みであるということの2つである。

「メディア」は、書籍、CD、PC、スマホ、AIロボットなど言語学習のためのあらゆる媒体・媒介を含むが、
CIFLEでは、PCやスマホをメディアとした場合、言語をどう表象し、表現すれば学習効果が高まるかを研究し、
それをオンラインサービスなどの形で具現化していく。

対話型のAIロボットの可能性についても、理論と実践の両面で研究をしていく。

CIFLEは、研究グループと制作グループが協働するところに組織形態の特徴がある。活動としては、
研究活動と制作活動の2つがメインであるが、教育支援活動も積極的に行っていく。

ABOUT US

Advisory Group

深谷 昌弘 / Masahiro Fukaya
慶応義塾大学名誉教授

阿部 一 / Hajime Abe
阿部一英語総合研究所所長

武田 修一 / Shuichi Takeda
静岡県立大学特任教授

白井 恭弘 / Yasuhiro Shirai
ケースウエスタンリザーブ大学教授

千 良明 / Yoshiaki Sen
cocone株式会社代表取締役会長

Director

田中茂範 / Shigenori Tanaka
慶応義塾大学教授
研究 / 活動歴 はこちら

田中茂範の研究・活動歴

1983年 米国コロンビア大学博士課程(応用言語学)修了(教育学博士号取得)
現在
  • 慶應義塾大学環境情報学部兼大学院政策メディア研究科 教授
  • JICA語学研修諮問委員会 座長
  • 財団法人国際交流サービス協会 アドバイザー
  • ベネッセ教育総合研究所 ARCLE 理事
  • 智学館中等教育学校、高木学園高等学校の英語教育アドバイザー
社会活動:
  • NHK英語教育番組『キーワードで英会話』『わかる使える英文法』を担当 (2006-2007)
  • テレビ東京番組『ハロー毎日かあさん』監修 (2011-2012)
  • 高等学校検定教科書『コミュニケーション英語 PRO-VISION 1-3』 (桐原書店)編者代表
  • 『Eゲイト英和辞典』(ベネッセ)編集主幹
  • BE-GO(現在、Challenge English)(ベネッセ)監修
  • 読売新聞、共同通信社、日経新聞などで記事発表
  • JICAの経験を生かし、全国市町村国際文化研修所(大津市)の設立に関わる
代表著書
  • 『認知意味論:英語動詞の多義の構造』三友社出版
  • 『コトバの意味づけ論』紀伊国屋出版
  • 『意味づけ論の展開』紀伊国屋出版
  • 『空間と移動の表現』研究社
  • 『幼児から成人まで一貫した英語教育の枠組み』リーベル出版
  • 『英語感覚が身につく指導:コアとチャンクの活用法』大修館書店
  • 『表現英文法 増補改訂版』コスモピア
  • 『日常まるごと英語表現ハンドブック』コスモピア
  • 『my Englishを育てる(仮題)』(近日出版予定)大修館書店

Senior Researcher

佐藤芳明 / Yoshiaki Sato
&
cocone言語アプリ開発チーム

Researcher

Now hiring!
募集募集要項はこちら

ACTIVITIES

  1. 研究活動
  2. 開発活動
  3. 教育支援活動

1:研究活動

1-1:研究内容

第二言語学習(英語学習)における認知学習理論と教育メディア論の研究を行う。関連分野は以下の通りである。

関連分野:
認知科学、脳科学、認知心理学、認知言語学、マルチメディア、インターネット、AIロボット、英語教育、第二言語習得
方法:
  • 文献研究で傾向性と論点を示す:The State of the Art(現状分析プロジェクト)
  • ビッグデータを活用した調査を行う:オンライン上でのアンケート調査を行い大量のテキストの意味分析を通して現状の問題、ニーズなどを明らかにする
  • 言語と映像と記憶に関する仮説検証実験などを通して学習効果研究を行う

1-2:研究発信

  • 学会発表、論文発表、書籍などで研究活動を発信する
  • CIFLEオンライン発信
    CIFLE Working Papers on Language Education
    What’s up now at CIFLE

2:開発活動

2-1:オンラインサービスのイメージ

統合化されたアプリ(Learn and Useを実現した学習サイト)

オンラインサービスのイメージ

3:教育支援活動

3-1:教育支援内容

英語教育塾
一般向け、教師向け、生徒向けの研修
英語教育コンサルティング(学校向け)
学校の英語教育プログラムのカスタマイズなど
オンライン発信
英語教育者のためのオンライン英語塾、PEN英語教師塾 (https://pen-edu.jp/)の運営
PEN英語教師塾